×
HOME>特集>自分の骨を移植する方法や、リン酸カルシウムの成分で出来た、人工の骨を移植する場合もあり種類は多い

移植後の管理はやはり行っておいた方が良い

インプラントの場合は、ある程度顎の骨がしっかりとしていないと施術できなこともありますから、しっかりと診察してもらった後に、骨移植の施術をすすめられることもあります。価格は大体3万円から50万ぐらいで、安全性も高く、麻酔もしっかりと行われるため、大きな痛みもない場合がほとんどです。方法としては、自分の骨を移植する場合と、人工骨を移植する場合があり、選択できます。人工の骨の成分は、リン酸カルシウムなどが主で、歯の手術以外の施術にもちいられる場合も多い、一般的なものを使用することが多いです。そして、インプラントの場合は、治療後のケアも、ある程度行っておくとより安心です。

全体的に若い印象になる事例もある

また、インプラントの骨移植は、主治医とよく相談をして行うことが大切ですが、事前カウンセリングの際、費用の面でも計画をきっちりと立てておくと、より便利です。また、インプラントの骨移植が成功して、歯がきっちりと作成できると、まるで自分の歯のように噛むことも可能で、とても若返ったような印象になる可能性もあります。若返りの可能性は、やはり入れ歯を管理しないで良い、という心理的な一面もあるかもしれません。また、しっかりと骨移植が完了すると、数か所下顎にとめるだけで、かなりの本数が固定できる、という便利な方法もありますから、とても良い時代になりました。

広告募集中