×
HOME>イチオシ情報>骨量が不足している場合は骨を増やす治療を考える

骨が不足している場合

インプラント

歯を失った場合の治療として、インプラントが選ばれることも増えてきましたが、誰でもこうした治療を受けられるわけではありません。人工歯根を深く埋入するためには、骨の量や厚みがしっかりとあることが大切です。歯周病が悪化している人や長く入れ歯を使っていた人は骨吸収が進み、治療が困難になることも珍しくありません。かつては、骨の量が不足している場合はインプラントをあきらめる傾向にありましたが、現在は骨移植の治療で対応できることが増えてきました。骨移植は本人の骨の一部を移植する方法だけではなく、人工骨を移植する方法も用意されています。まずは検査を受け、どのような治療が向いているかを確認してみましょう。

様々な治療方法がある

歯科治療

人工歯根の埋入が難しい症例も、骨移植をすることでインプラント治療ができることが増えてきました。こうした治療を受ける前にはまずは、それぞれの治療の特徴を知っておきましょう。歯を抜くとその部分に穴ができますが、長く放置していると骨吸収が進み、人工歯根の埋め込みも難しくなります。こうした場合の治療では、歯を抜いたあとに骨充填剤を入れ、骨の再生を促進させます。代用骨を使う治療は本人から骨を採取する手間がありません。

本人の骨を使う場合

治療器具

インプラントの骨移植では、本人の骨を使う方法もあります。自分の骨を使うので安心感がありますが、高い技術力が必要な治療となりますので歯科医院選びで失敗しないことが大切です。最近はインプラントを得意としている歯科医院が増えていますが、骨移植をする場合はそうした治療にも強い歯科医院であるかはよく確認しておきましょう。人工骨を使う場合でも、自分の骨を移植する場合でも定着するにはそれなりの期間が必要だということも理解しておきたいところです。

広告募集中